地球にやさしい人になる

空の下について


ごあいさつ

『空の下』は、2011年に東京から高知へ移住後、2013年から自然栽培の生姜で就農しました。
農家数の減少と国内受給率の低下、一極集中による暮らしの不具合を是正する為に、既存の枠からはみだした
魅力溢れる農業ビジネスの展開を試みています。先ずは心から美味しいと思える食材の生産を、
そして更なる美味しいを探求し続ける好奇心を大切に、日々農業に邁進しています。 私は農業従者の高齢化や、農村で耕作放棄地が増え続けている事を見過ごすことができず自ら農業を始めました。
なぜなら、農村は私の故郷のようなものだからです。農業の担い手の不足から生じている地方、農村の課題解決
を図る為には、自らの手で鍬を握り田畑を耕すことでしか本質的解決策を見いだす事はできないとの考えで、
農業に従事しました。
農業は、私たちが生きる上でなくてはならない仕事です。
命の源である食料を育てる農業の役割は農作物の生産だけに止まりません。空気や水や暮らしの景観を保ち、
地域文化の形成と維持を担っています。農業の衰退は地域文化の衰退を意味します。
近年、大量生産大量消費によって農業は暮らしから引き離されつつあります。
「農村再生!地方創生!」「美しい地球環境を守りましょう!」と声高らかにグループ活動をしたり、
アカデミックな世界で論じたところで、そこに住み鍬を握る手がなければ問題課題は決して解決されません。

『空の下』は、自らの行いで大切な海を汚してはならないとの思いから自然栽培に取り組んでいます。
近年、肥料による河川や湖沼の富栄養化、また地下水の汚染は深刻社会問題です。
肥料の4割は土壌に吸収されることなく河川から海に流れます。
散布される農薬もまた、雨によって大地に戻り同じように循環します。
私たちの命の源である海の汚染が日々の暮らしから日常的に進行しています。

ここ高知県は、太平洋に広く門を開ける形で海と大変密接な環境にあります。
私自身も日常的に海からの豊かな恵みをいただいています。それは食べる物だけではなく、
夏の暑い日は、農作業の合間に海で泳いだり、一日の終わりに海を眺めたり、果てしなく広い海は、
私たちの日常をどこまでも豊かにしてくれます。

海はすべての人達の命の源です。
未来永久に私達の暮らしが豊かな海からの恵みで満たされる事を願います。


【化学農薬・肥料を使わない栽培】

一般栽培の生姜では年間30回の農薬散布が許可されています。」
生姜の栽培期間は4月から11月の7ヶ月ですので、週に一回程度の農薬散布が許可されていることになります。
防護マスクを着用して散布される農薬は人体に安全なものではなく、同時に地球環境への負荷への懸念もあります。
生姜の作付け面積は香川県一県分に相当しますので、かなりの量の農薬が日常的に散布されているわけです。
好む好まざるに関わらず、私たちの食卓は農薬と化学肥料によってこの豊かさが担保されています。
この事実を私たちは理解する必要があると思います。

河川や湖沼の富栄養化から水が汚染され、彩り豊かな食卓を担っている化学肥料がほぼ輸入である現状、
更にはこれらの化学肥料は枯渇しつつあることを考えると、今私たちが未来に向けて何にチャレンジすべきか
が見えてくると思うのです。

地球にやさしい人になる。
私は生産者として、自らの行いで地球を汚さないこと、そして、一人でも多くの皆様にエシカルな消費行動を
行ってもらえるよう、食べて美味しい食品作りに邁進しております。同時により多くの人が、暮らしの基礎と
しての農業に安心して従事できる農業基盤構築に尽力しています。

『空の下』代表 榊原留美子


『空の下』では下記のサイトでも商品を販売しています。
BASEサイトショップ
https://soranosita.base.shop/
食べチョク
https://www.tabechoku.com/products/40367?preview=e7f0728944a8f0273b53b4e7d32c9da3