生姜の栽培方法


農薬、化学肥料、除草剤不使用

 

自らの行いで地球を汚さないよう『空の下』は農薬・化学肥料・除草剤を使いません。

近年、肥料による河川や湖沼の富栄養化、また地下水の汚染問題は深刻社会問題です。肥料の4割は土壌に吸収されることなく河川から海に流れます。

散布される農薬もまた、雨によって大地に戻り同じように循環します。私たちの命の源である海の汚染が日々の暮らしから日常的に進行しているのです。

『空の下』が農業を営む高知県は太平洋に広く門を開ける形で海と大変密接な環境にあります。私自身も日常的に海からの豊かな恵みをいただいています。

海はすべての人達の命の源です。『空の下』は自らの行いで大切な海を汚してはならないとの思いから自然栽培に取り組んでいます。

一般栽培の生姜は年間30回の農薬散布が許されています。
生姜の栽培期間は4月から11月の7ヶ月間ですので、週に1回程度の農薬を散布していることになります。減農薬栽培の場合は15回以下の散布ですので、

2週間に1回程度の散布となります。防護マスクを着用して散布される農薬は人体に安全なものではありません。これを最低2週間に1回散布しているのです

からビックリです。因みに全国の生姜作付け面積は凡そ香川県と同じ面積です。香川県全域に週に1回から2回程度の農薬が散布されていることになります。

この数字は生姜だけの数字です。他の農作物を合わせたらどれだけの農薬が日本国内で撒かれているのか、想像しただけでも凄い量であることが分かると思います。

好む好まざるに関わらず、私達の食卓は農薬や化学肥料によってその豊かさが担保されている事を知る必要があると思います。

私は農薬悪を伝えたいのではなく、農薬に依存していることを知る事から未来を考える必要があることを伝えたいのです。

化学肥料に関しても窒素肥料以外は100パーセント輸入に頼っています。全国生産量の99.5パーセントが化学肥料栽培でその肥料は100パーセント輸入と言うこと

ですから、ここから考えますと日本国内の自給率は0パーセントとの見方もあると考えています。

河川や湖沼の富栄養化から水が汚染され、彩豊かな食卓を担っている化学肥料がほぼ輸入である現状、更にはこれらの化学肥料は確実に枯渇していることを考えると、

今私達が未来のために何にチャレンジすべきかが見えて来ると思うのです。

 

無肥料・無農薬栽培は相応に大変な労力を伴いますが、自然の摂理を知り、その力を最大限に活用する自然栽培はサスティナブルな観点で大変優れた農法です。種の育つ力を最大限に引き出し、作って安全、食べて安心な生姜栽培に取り組んでします。

機とハグチで設計通りに形つくります。生姜栽培で最も大事なことが水はけです。
深く掘ることは必須で、その上で地形に合わせて的確に形作ります。

3月の末から4月の頭にかけて種を植えます。空の下では、つぼ植えという方法で行っています。

植え付けから一ヶ月過ぎた頃から芽が地上に出てきます。
芽が出てきてからが本シーズン!ここから、無農薬生姜農家の暑い夏が始まります。
畝の草引きや草刈り、土入れを鎌一本、鍬一本を使い、収穫まで繰り返し繰り返し行います。
この作業をどの程度行ったかによって、反収が大きく変わるのでとても大切な作業です
そうして、8月下旬には新生姜の収穫が始まります。草刈や草引き、土入れが適期に仕事ができている生姜の畑は、とても美しいです。